こどもたちに正しく楽しい発声を!

※詳しくは局アナnetきっずくらぶまで。クリックでこどもアナウンス発声協会のホームページにジャンプします。

『日本最大規模の局アナ経験者のネットワーク

 “局アナnet”が出版!こどものためのアナウンスブック』

“プロの現役アナウンサーが作った、こどものための発声の絵本!

正しい発声ができると、「発表などに自信がつく」「話すことが楽しくなる」

「あいさつが出来る」「積極的に人前に出られるようになる」など、

伝える力が格段にアップします。

この本ではアナウンサーが学んできた発声の基本をフルカラー、

イラスト入りで分かりやすくご紹介しています。

レッスンCD付きですので、誰でも楽しく正確な発声の練習ができます。

付録のペーパークラフトでマイクを作れば、気分もうアナウンサー!

2016年11月からドラキッズ・キッズパル・すこやか教室・めばえ教室…幼児教室業界大手4社と日本子育て支援協会主催の「第一回幼児教育トレーナー養成講座」がスタート。使用されるテキストの第6章「発声講座」は著者2人が執筆しています。

局アナnetのメンバーとして、こどもアナウンス発声協会会員として、

日本語の発声の大切さを伝えていくことを大切にしています。

『こどものためのアナウンスブック』をテキストに、

小学校、図書館、カルチャースクールなどで

“発声先生”が行うアナウンス授業やアナウンサー体験は大変好評で、

全国各地に少しずつ広がりをみせています

ーーー音読は授業でやっているからいいーーー

むやみやたらに大声を出している子はいませんか?

聞こえないような小さな声で口を動かす子はいませんか?

子どもたちの声は【伝える】ための声でしょうか?

アナウンサーが教えるのは“国語”ではありません。

学問としての日本語を教えるプロは、もちろん先生です。

ではアナウンサーが教えたいのはなにか、というと…

それは、正しい声の出し方。

そして自分の言葉が伝わる喜びです。

アナウンサーは老若男女、広く聞き取りやすい声で分かりやすく【伝える】のが仕事。

記者として取材をし、原稿を書くこともあるので

情報を集めること、日常に面白さを見つけることも得意です。

 

テクニックを散りばめた楽しいアナウンスレッスンですから

きっと先生方にも役に立つ時間になると信じています。

(実際、先生向けの発声授業も開かれ、好評を得ています!)

SNSや携帯ゲームが普及した現代、大人も子どもも

声を出すこと、気持ちを伝えることが減ってきていると感じませんか?

社会に出ていく上で当然のように求められるのは

表現力やコミュニケーション力、対話力です。

 

そしてその第一歩となるのが【正しい発声】なのです。

声に気持ちを乗せ、相手に届く自信をつけるきっかけづくりをしませんか?

福岡での活動が可能ですのでぜひお問合せ下さい。

​詳しい内容はホームページでご確認ください。

© 2023 by Little Tots Preschool.

Proudly created with Wix.com

  • Twitterの社会のアイコン
  • Google+ Social Icon