「助詞」力UPで女子力もUP‼


アナウンサーの職業病とでもいうのでしょうか…

とにかく人のしゃべりの癖が気になります。

学生の頃は先生の口癖、語尾の音が気になって気になって

そういう時って内容が頭に入ってこずイライラ!

今も状況は変わらず、というかもっとひどくて

ニュースの読みでちょっとでもアクセントが違うと

チャンネル変えちゃいます。

そして一番嫌なのが「助詞上げ読み」!

強調したいという思いが強いのか?なぜか助詞にプロミネンスをつける人増殖中です。

助詞とは、

“常にほかの後について使われる品詞。

前の語が他の語とどのような関係になるかを示したり、語句と語句を接続したり、

文が表す内容に一定の性質を付加したりする働きがある”(広辞苑より)

いわゆる「て・に・を・は」ね。

ここを強調されちゃうと、文章を聞いていても大切な部分がどこなのかわかりません…。

キー局アナウンサーでも多い多い…。

例えば「明日、東京では雨がパラつくでしょう。傘の出番がありそうです。」

さあ、どこを強調するのか。

助詞上げの人はこう読んじゃいます。

「明日、東京では時折雨パラつくでしょう。傘の出番ありそうです。」

書いているだけでイライラしてきた> <

普通に読むとこう。

「明日、東京では時折がパラつくでしょう。の出番がありそうです。」

この癖、ついてしまうとやっかいです。

本人は強調している気持ちになっているし、伝えているつもりだから。

読みに節とか調子もついて、うまくなったような錯覚に陥っているかもしれません。

でも。本当に伝わっているでしょうか?

そういえばちょっと前は、〇〇がぁ~、〇〇でぇ~

なんて女子高生がを伸ばしていた時代もありましたね。

助詞はきちんと収めて、次の語につなげることこそ品のある品詞!

ステキ女子に一歩近づくってもんです!

ぜひ、自分の助詞を見直して上品に、女子力もUPしちゃいましょう。

レッスンではあなたの癖をすぐに見抜き、美しい読みに導きます。

そしてそれは確実に普段のしゃべりにもいい影響が。

ぜひ音読・朗読を暮らしの一部にしませんか?

声や読みのお悩みにもお答えしますのでぜひご連絡を♪

#アドバイス #朗読 #癖 #上達 #助詞力 #女子力

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2023 by Little Tots Preschool.

Proudly created with Wix.com

  • Twitterの社会のアイコン
  • Google+ Social Icon